windows10 2015年秋販売?

windows10 2015年秋販売?

結構びっくりですねぇ
Windowsが9を飛び越してWindows10となって2015年秋に発売とのことですね
2014年10月1日よりWindows Inside Programがダウンロードできるようになったとのこと
「Technical Preview に加えて、すべてのプレビュー ビルドを公開と同時に入手することができ、使いやすいフィードバック アプリも用意されています」とのことだが,どなたか試してみてください(;´Д`)
WindowsInside Program

Win10inside

ちなみに管理人はMacなので上記のような表示でした(つд⊂)エーン

 

何が変わるんだろう

 

「単一のプロダクト・ファミリー、単一のプラットフォーム、単一のアプリ・ストア」といった考えのようだが,デバイスによって異なるインターフェイスを持っているとのこと。
今回はWindows7の良い所をリメイクして復活させている様子。
例えばスタートボタン。
Windows8で不評だったスタートボタン無しは今回解消される様子。
また,マルチデスクトップを採用し,タッチ方式も多少の変更があるようだ
スマホのインターフェイスも変更させるとのこと

具体的な内容は分からないがWindows8の良い所は残しWindows7までの使いやすさを加えたって感じでしょうか・・・

 

threshold

 

threshold(スレッショルド):しきい値ですね
今回のWindowsの開発コードです。
thresholdとは「境界となる値」で,その値を境に条件や判定が異なるような値のことです。
まぁWindows8までとその後では違うぞ!的な感じでしょうか
そもそも,何故9を飛び越えて10なんでしょうねぇ
Windows8.1が9に当たるのでしょうか?それとも,Windows8系等での不評を払しょくするためなのか?

 

Windows8で失敗していると思うところ

 

急激なUI変化で今までWindowsを使用していたある一定のレベルの方が戸惑いを持った
お年寄りなどは操作の変更について行けない方が続出している

 

 

ビジネスとプライベートの区別がつかなくなってしまった
自分のPCでビジネスとプライベートを一つで行えるということは良いと思うが,ビジネスシーン,特にオフィスでは不要なものが多すぎるためXPを使用していた企業などはWindows7に移行はしたものの,Windows8への乗り換えが極端に低かった

 

 

端的に見ると上記2項目がWindows8が不審だった理由と思われる。

 

win10desktop

 

今後の展開

 

マイクロソフトは「Windows 10はまったく新しい世代のWindowsへの第1歩であり、新しい体験を開拓して仕事、遊び、接続を行う新しい方法を顧客に提供する。

これは当社で最も包括的なOSになるもので、マイクロソフトが企業顧客を対象に提供してきた中で最高のリリースになる。

われわれは広範なWindowsコミュニティーと協力して数カ月以内にWindows 10を実現させたい」との方針を示し,PC界の盟主の座を取り戻そうとしていると考えられますね。

気になる記事

(最終更新:2017年4月19日)