初めての沖縄旅行 ハイシーズン避け格安プランを利用して楽しもう

初めての沖縄旅行 ハイシーズン避け格安プランを利用して楽しもう

沖縄旅行を検討されている方々は多いと思います。

沖縄に住んでいる私が勧める沖縄の一番いい時期は11月中旬と3月です。

暑くもなく寒くもなく過ごしやすい時期です。

しかし,沖縄 = 海 = 泳ぎたい となってくると5月〜10月中旬位になります

もちろんそれ以降でもスエット装着すれば大丈夫ですが,手軽に泳げる期間は10月中旬くらいまでです。

2泊3日で格安プランがありました

スカイパックツァーズで探すと【9・10月出発限定!各地発『沖縄』2・3・4日間】というプランが有り,中部国際空港発だと2泊3日で14,800円〜,羽田空港発でも22,300円〜というパックがありました。これは季節によって変更があるとお見ますので「格安プラン」をチェックしてみてください

このようなツアーで利用される那覇市内のホテルをチェックしてみます

ホテルエアウェイ


58号線松山交差点そばですが,私は出張の時よく利用していました。

その当時は少し旧さを感じていましたが,平成27年度に各部屋を改装しているということです。

国際通りからは10~15分程度歩きます。

ホテルの豪華さを考えず,宿泊だけということなら問題ないホテルです。

東横イン 那覇旭橋駅前


よく出張時に泊まっていました。

朝食におにぎりと味噌汁がついていたので出張族には重宝しました。

東横インですので全国どこでも同じような感じで,部屋は狭めだが宿泊を目的とするのみなら問題なしです。

GRGホテル那覇東町


近郊で食事するのにも困りませんが,国際通りからはチョット離れていますね。

比較的新しくきれいです。部屋も広くはないですが,新しいのでいいのかなと感じます。

GRGホテル那覇


松山の飲食店街・・飲み屋街?の真ん中にあるので松山の夜を楽しむ方には良いかもしれません。

ホテルはキレイですね。

ホテルブライオン那覇


松山の繁華街に近いホテルで,綺麗なホテルです

ロビーなどはキレイでした。

私は泊まったことはないけれど,出張で泊まった知人曰く

「きれいやったば〜い(福岡の人です)」ということですw
近くに「むとう」という居酒屋さんがあります。

ここは地元サラリーマンで賑わっているお店ですが,沖縄料理からイタリア料理,魚料理など,どれを食べてもハズレがない人気店です。

飛び込みでは入れたらラッキーなのですが・・・・・余談でしたww

東横インおもろまち駅前


DFSの前にあるホテル

前といっても主要幹線道路があるので,駅を回るようになります。

基本 東横インですので,大きくハズレはないでしょう。

ホテル法華クラブ那覇・新都心


ここは朝食がいいですね。

バイキング形式の朝食が美味しかったので出張の時によく宿泊していました。

最上階に大浴場があるのもポイントですね。

おもろまち駅前ということで近隣に飲食店街や大型マーケットがあるので不自由することはないと思います。

レンタカーもDFSがそばにあり,各会社の利用窓口があるのでとても便利です。

 

全部紹介しきれないのでこの辺で止めておきます。

レンタカーは直前申し込みでもOK

何れにしても沖縄での移動はレンタカーとモノレールと考えていいですね。

足を延ばすならレンタカーを利用し,国際通りなどの観光にはモノレールを利用するってとこですかね。

レンタカーは比較的多くありますので,旅程近くで申し込んでも大丈夫です。

たびらいレンタカー予約 は,格安のレンタカー紹介してくれます。

レンタカーは2,900円/日で利用できるところもあるので探してみるといいかと思います。
沖縄格安レンタカー

2泊3日の旅程

到着時間で違いはありますが,初めての沖縄旅行で,那覇空港に午前中到着し,レンタカーを借りると仮定します。

1日目

北部は2日目に行くと考えて,初日は南部に行ってみるか,東部の海中道路あたりに行くかですね。

南部ならわりとゆっくり過ごせます。

海の見えるカフェなどでまったりし,斎場御嶽などを見学するのも良いですね。

空港からレンタカーでまずは奥武島を目指します。

奥武島の入り口に「てんぷら屋」さんがありますので,そこで「沖縄てんぷら」をテイクアウトします。少し並びますが,チョット待ちましょう。

フリッターのような揚げたてのてんぷらは美味です

1個65円くらいです。さかな,いか,いも,もずく 辺りが良いでしょうかね。さかなは2個は食べたくなるかもしれませんw

車で島の反対側へ行き(2分でいけますw)海を見ながらまったりとして下さい。

そこで小腹が満たせたら順路に戻り,カフェタイムです。

海が見えるカフェはたくさんありますのでガイドブックなどを参照にして選んで下さい。

有名なところでは浜辺の茶屋,山の茶屋などがあります。

この写真は「山の茶屋」です。

並ぶかもしれませんが,待っている間,せっかくなので辺りを散策してみて下さい。

斎場御嶽の駐車場は有料です。

数年前まで無料だったのに・・・・心ない行為をする観光客が増えたので管理のために有料化しているようです。

斎場御嶽の手前に久高島が一望できる蒼CAFEというところもあります。

ここはサンドイッチやデザートなどが食べられます。

テラスからは「神の島」久高島の島影がダイナミックに目に飛び込んでくることでしょう。
御嶽見学の後にいかがでしょうか

ここから2択になります。

1つ目は,南部をグルッと回り与那原経由で沖縄自動車道を利用し沖縄北インターまで北上します。

そして海中道路を目指します。

時間にして1時間半〜2時間です。

この海中道路は夕陽を見るのに絶景でもあります。

海中道路を渡り右の橋を選択すると浜比嘉島に渡れます。

なにもないところですが,古民家群などを見ることができ,沖縄の原風景らしきものを感じることもできます。

もちろん,人が住んでいますのでマナーは守ってくださいね。

夜の8時頃にホテルチェックインできるのなら選択肢にしても良いかと思います。

このコースを選択すれば,奥武島,平安座島,宮城島,伊計島,浜比嘉島と本島に隣接する離島5つを回ったことになります

2つ目の選択肢はまったりコースです。

斎場御嶽から元のコースに戻り,アウトレットモールあしびなでお買い物し,瀬長島にあるウミカジテラスでまったりするというのもありです。

【画像 ウミカジテラスサイトより】

瀬長島観光ホテルは温泉があります。

これは宿泊しなくても利用できますので,温泉で疲れを癒やし,ウミカジテラスでショッピングやカフェでゆっくりするのも良いでしょう。

慶良間諸島を眺めながらの立ち湯は最高に気持ちいいですね。

あ,夕陽もキレイですね!

沖縄格安レンタカー

2日目

ドライブコース海水浴コースが選択できますね。

何れにしても朝早く出発しましょう。

一気に沖縄自動車道を北上します。

ホテルから許田インターまでは1時間半までかからないでしょう
ドライブコース

許田で降りて5分位走り,世冨慶交差点から名護東道路で名護市内をバイパスします。

そしてまず古宇利島を目指しましょう。
エメラルドグリーンの海の色は感動を覚えることでしょう。

古宇利島は車でも10分程度で1周できます。古宇利島にも海水浴場はありますが,駐車スペースの問題などでオススメはしません。

古宇利島から本部半島を周り,方角的には美ら海水族館方面です。

途中「備瀬のフクギ並木」「ワルミ海岸」など,とてもきれいなところがありますのでコースに入れておくと良いですね。

備瀬の海は駐車場が有料になっています。

岩場を歩いているとチョットした海水だまりにも真っ青なルリスズメダイなど見ることができます。

沖縄 ワルミ海岸の魚



このあたりで沖縄そばなどでお昼ごはんくらいでしょうか?

沖縄そばは後でいいやって方はおしゃれなカフェあたりで食事っていうのもアリですね。

小高い山上にある古民家で自家製ピザを提供している花人逢は人気があります。

庭から伊江島がど〜んと見渡せる風光明媚な場所にあります。

午後は定番の美ら海水族館ですね。

夕刻はホテルに戻って国際通り辺りから市場近辺の地元を感じられるところで食事はいかがでしょうか。

海水浴コース

これは水納島をオススメします。

事前予約をとっておく必要はありますが,シュノーケリングなど楽しめます。

許田インターで降りて名護市内から本部方面へ向かいます。

渡久地漁港近くのダイビングショップはネットでも出てきますね。

ランチBBQ付きのプランなどがあるので,最適ではないかと思います。

渡久地漁港からは15分くらいの船旅です。

水納島に上陸したらシュノーケリングの時間までランチBBQを楽しみ,海水浴も楽しめます。

シュノーケリングの後はバナナボートやパラセーリングを楽しんで下さい。

パラセーリングは一度やったことがあるのですが,鳥になった気分・・・・にはなりませんが,楽しいですよ。

夕刻には渡久地港に戻りますので,そこから那覇に戻ります。

ゆっくり戻って2時間程度です。

3日目

帰りの飛行機の時間にもよりますが,午前中時間があれば国際通りでおみやげ探しというのも悪くありません。

市場近くのカフェなんていうのもチョット不思議な世界観があっていいかもです。

国際通りはおよそ1.6kmの距離です。

ぶらぶら歩いていると結構な時間がつぶせます。

もう1泊あるなら

<渡嘉敷島の阿波連ビーチ>

3泊するなら本島ぐるっと回れますし,1泊を渡嘉敷島か座間味島に宿泊し,海水浴やシュノーケリングを楽しむことができます。

ケラマブルーの海が待っていますよ

もう1泊ということで,夜のディープな沖縄を楽しむこともできますね。

那覇近辺でディープな感じが味わえるのは栄町近辺ですね。


10年位前まではなんとなく怖いイメージが合ったようですが,私はそれより前からホームグラウンドにしていましたが全然怖いところではありませんし,今は若い方々がお店をオープンしていますので活気がありますね。

まとめます

今回の案内はホントに沖縄初めてって方向けの案内です。

私はナイチャーで沖縄に移住して10年以上経っている島ナイチャーですが,沖縄を好きになったら何度でもリピートして来沖する方も多く,居酒屋さんで知り合ったナイチャーの友人なんかも数多くいます。

初めての方でも気軽にお店に立ち寄って,沖縄の人と仲良くなるっていうのも良いかもしれません。

安いツァーを探して沖縄に初めてきてハマった人を何人も見ています。

アナタもその一人になってみてはいかがでしょうか

気になる記事

(最終更新:2017年3月10日)