プロダクト・ローンチ・セミナー無料動画

プロダクト・ローンチ・セミナー無料動画

プロダクトローンチとは

昨今,ネットビジネス上で「プロダクトローンチ」と呼ばれる言葉が頻繁に使われます

プロダクトローンチとは「商品を爆発的に販売する手法」ということです。
プロダクトは「商品」,ローンチは「立上げる、打上げる,売出す」という意味があります。
これは「いきなり売り込まず、時間をかけて教育した後に売り抜く手法」ということです。
pl

 

爆発的に販売するのに時間をかけるの?

爆発的に販売するのに時間をかけるというのはどういう意味かというと「商品の発売と同時に売上を爆発させるために,踏むべき手順をこまかく体系化し最適化たマーケティング手法
つまり,商品発売前に「踏むべき手順をこまかく体系化し最適化」し,発売日までの期間で情報を小出しに提供し、見込み客と時間をかけて関係性を深めていきます。

見込み客が関心を高め,その人との信頼関係を構築し、商品やメッセンジャーをファンにしていきます。そして,欲しいと思わせた状態で商品を発売していくことで爆発的な売上を上げるのです。

そう,まさにメルマガなどの媒体を通じ,情報商材を販売する方法ですね
そのプロダクトローンチのセミナー動画をご案内いたします

※この内容は株式会社バリューブレイン様からのお知らせです。
内容に関するお問い合わせは 株式会社バリューブレイン様にお願いします。


お世話になります。小野たつなりです。

ちょっとだけ自己紹介をさせてください。

2008年6月から現在のインターネットを使ったビジネスをはじめ、
現在はWEBマーケティング業を社員5人の小さな会社で営んでいます。

2014年には2つの会社も新しく設立し、
その他飲食店4店舗、酸素カプセル、プライベートスポーツジム、エステサロンなども経営しています。

メイン事業は“プロデュース業”と僕は名づけています。

インターネット上で商品を売りたい人とタッグを組んで、その人の代わりに商品を販売してあげます。
その人自身や、商品をWEB上でプロデュースするのが僕の仕事です。

残った利益を2名で分け合う。というのが基本スタイルです。

もし僕らに売って欲しい商品があるならご相談ください^^
これまで50名以上の方をプロデュースし、100商品以上販売してきました。

累計で15億円くらいは売り上げてきたと思います。

ただ、この方法だとプロデュース出来るのは年間10商品以下です。
そのため多くの方を成功へ導くことは今のモデルだと出来ません。

ですので、3年ほど前からWEBマーケティングを教える塾を運営しています。

その塾では多くの成功者を輩出することが出来ました。
数千万円、数億円の売上を出した方も数多くいます。

当時はサラリーマンや学生だった彼らが、現在では会社を設立し年商数千万円、数億円という規模に成長している方々もいます。

このように、自身でWEBマーケティングを現役で続けながらも
多くの方々へそれらを継承して行っています。

WEBマーケティング能力を身につけた生徒達とは、一緒にビジネスをしさらに大きく売上を上げたり
弊社の社員になってもらいさらに深く学んでもらったり、小野から出資をして会社を設立した男の子もいます。

小野にとっても生徒を育てることは大きくビジネスにプラスになっているので
マーケティング自体は弊社の社員に任せ、“ビジネス指導”へ今後は力を注いでいこうと思っています。

今回、貴方へお送りしている【プロダクトローンチセミナー映像】も“ビジネス指導”の一貫です。

貴方にも僕らの知識、ノウハウ、テクニックを身につけていただき
僕らと一緒にビジネス出来る人材になっていただきたいと思っています。

まずはセミナー映像を御覧ください。
→ http://valuebrain.jp/freeoffer/free/

2008年から小野はこのインターネットマーケティングというものをやってきましたが
インターネット史上、今現在ほど稼ぎやすい時代は無いと断言することが出来ます。

6年前と比べれば、今のほうが圧倒的に稼ぎやすいのです。
文字通り桁違いです。6年前よりも10倍以上稼げる金額がでかいのです。

今がチャンス。とはいえ、なぜそう言えるのか。そしてなにをしたらいいのか。
という疑問は消せないでしょう。

その疑問もセミナー映像をご覧いただければ解決できます。

→ http://valuebrain.jp/freeoffer/free/

期間限定の無料公開なので、登録は今すぐ!
メールアドレスを入力し、送信すれば10秒以内に自動返信メールで映像が届きます。

映像はPCでもスマートフォンでも、視聴可能です。
映像ダウンロードも、音声ダウンロードもできるので貴方の好きな視聴方法で御覧ください。


気になる記事

(最終更新:2017年4月19日)