「iPhoneを探す」注意は必要だが,紛失や盗難に備えて利用したほうが良い

「iPhoneを探す」注意は必要だが,紛失や盗難に備えて利用したほうが良い

「iPhone を探す」は、使用している iPhoneをはじめiOSデバイスや Mac の紛失,盗難が発生した場合、デバイスの居場所を検出し,保護する機能がある

iPhoneを紛失した場合,悪意のある第三者に利用されると大変なことになる

そのためGPS機能を使用して居場所を検索できるのです

また,パスコードをロックし,何か行おうとした場合AppleIDが問われ,自由に操作ができないようにできる

遠隔でデバイス上のすべてをリセットし,個人情報も削除できる

などのメリットが有りますが,注意も必要です
nozokimiz

まず,修理などでAppleにデバイスを送る場合,オフにしておかないと修理工場で初期化できなくなる

中国では、情報を抜き取ったり,その情報を元にユーザーへ連絡を取り,金銭を巻き上げるユスリなども出てきているという

また,ネットへの情報流出なども起きているという

「iPhoneを探す」操作方法

今回はiPhoneでの操作を案内します
ホーム画面⇨設定⇨iCloud⇨iPhoneを探す⇨オンorオフ
もし,サインインを要求された時は、Apple ID を入力します
IMG_1077_az


IMG_1078_az


IMG_1079_az


IMG_1080_az

簡単ですよね
修理に出す時はここからオフればいいわけですね

どうやってiPhoneを探すのか

では,残念なことに紛失(盗難)した場合はどうやって探すのか

幾つかの方法があります

(1)PCから探す

これはご自分のPCで無くても結構ですが,利用後,入力情報などは消しておいてくださいね
PC検索で「icloud.com」と打込み,検索結果からiCloudのサイトへ移動する
iCloudのアカウントを入力する
※AppleIDではありませんのでご注意下さい
iCloud_az

2_az

画面に居場所が出てきます
iCloud---iPhoneを探す2_az

上の「すべてのデバイス」をクリックすると使用しているデバイスが出てきます
その画像の左が緑のマークならオンになっているということで,クリックすると左にそのデバイスが表示されます
searchip_az

  1. サウンド再生:クリックするとそのデバイスで音がします(マナーモードでも出ます)
  2. 紛失モード:パスコードがロックできます
  3. iPhoneの消去:デバイスの個人情報をすべて消去します

AppleIDを求められますので入力して下さい

iCloud iPhoneを探す_az

iCloud iPhoneを探す3

情報を消去した後にデバイスが見つかった場合は、iCloudバックアップもしくはiTunesを使ってデバイスの情報を復元します

バックアップはデバイスを消去する 前に オンにしておく必要がありますね

(2)家族や知人のiOSデバイスから探す

PCがない場合は家族,知人にiPhoneやiPadなどを持っている方にお願いして下さい

まず,Apple Storeで「iPhoneを探す」のアプリをインストールして下さい
iPhoneを探す App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

アプリを起動します
すると画面に地図が出てきます
下の方の「アクション」をタップするとPCで出ていたのと同じアイコンが出てきますので,そこから操作して下さい
IMG_1083_az

IMG_1084_az
ちなみに,iPadやタブレットのブラウザでPC版に切り替えて使用できないようですのでご注意下さい

(3)時間的に問題がなければキャリアのショップでも確認できると思います

時間的余裕があるわけはないのですが、落としたと気付いた時、近くにショップがあれば駆け込んでみてください

アップルの正規サービスプロバイダー(ASP)でもいいかもしれませんね
たとえばカメラのキタムラとかがASPですね

偽のiCloudサイト

偽サイトだが,正規のサイトは「www.icloud.com/」となっているが、偽サイトのURLは「find****-icloud.com」と「find」などが付いている様子だが,URLに「icloud.com」とあるため、騙されてしまうこともあるという

laysite
画像元 シマンテック

シマンテックサイトより

まとめてみると

「iPhoneを探す」の機能はかなり優れているので利用しない手はない
バッテリーの減りが早いという声を聞くが,セキュリティを考えれば問題になることではないし,事実1日使用しても問題のあるレベルではない
利用方法を理解し利用して欲しいが、偽サイトにはくれぐれもご注意下さい

シマンテックは

見知らぬ送信元から迷惑メッセージが届いたら警戒し、リンク先のウェブサイトのURLを注意深く確認する。
モバイルデバイスを保護するために強力なパスコードを使用する。

デバイスが紛失や盗難に遭った場合に4桁のパスコードではあまり安全ではないので、英数字を含めた複雑なパスワードを設定することを推奨します。

犯罪者は、パスコードの推測や総当たり攻撃を試みる可能性があります。

と呼びかけている

気になる記事

(最終更新:2015年11月13日)