紙のノート感覚で使えるペンタブレットがこれからのPCの主流なのか

紙のノート感覚で使えるペンタブレットがこれからのPCの主流なのか

ipadopenn

iPad Pro,Suface Pro4が注目を集めているが,そう言われると最近のタブレットは12インチ前後でスタイラスペンが使いやすく薄いモデルが増えている

もちろんWindowsとiOS,Androidとの違いはあるが,用途として紙のノートに書くような感覚で操作するといったことには変わらない

iPad Pro,Surface Pro4だけではないぞ!ということでHP Pro Slate 12,東芝dynaPad N72の2製品を紹介いたします

毛色は違いますが,チョット気になるKING JIMのPORTABOOK XMC10も合わせて紹介します

HP Pro Slate 12

HP Pro Slate 12の大きな特徴として, HP Duet Penを採用しているというところだ

これは,3Dペンで,画面からペンが離れていてもペン先の動きを認識するというもの

本体の横にノートを置いて書いた文字も、そのまま画面上に表示されるというものです

hppencil_az

OS Android™
プロセッサー Snapdragon 800 Processors(4コア、2.3GHz)
メモリ 2GB
ディスプレイ 12.3インチワイド UXGA(1600×1200) IPS液晶ディスプレイ
ストレージ 32GB SSD(eMMC)
無線機能 IEEE802.11 a/b/g/n/ac + BT 4.0
インターフェイス ・Micro SD カードスロット(最大32GB、SD/SDHC対応) ・3.5mm 4極 ヘッドフォン/マイクコンボコネクタ×1 ・Micro USB2.0ポート(host/clientmode)×1 ・Zero-Force コネクタ×1
重量 約 850g

HP Pro Slate 12 APQ8074/T12UX/2.0/S32/A

2016年にはビジネス向けにHP Elite x2 1012を投入する
こちらはワコムのアクティブES方式を採用したペンが付属している

日本HP、2in1にもなる820gの12型Windowsタブレット「HP Elite x2 1012 G1」
日本HPは10日、ビジネス向けに位置する12型Windowsタブレット「HP Elite x2 1012 G1」を発表した。LTE対応など全5モデルを用意し、2016年2月下旬から発売する予定。税別価格は99,800円~149,800円となっている。

東芝 dynaPad N72

東芝dynaPad N72はワコムと共同開発したデジタイザーペンが付属している

12インチディスプレーだが,厚さが6.9mmというからWindows10マシンでiPad Proと同等の薄さを誇る

重さも579gとiPad Proの713gを下回る

ボディはカーボンプラスチック樹脂の一体型

ペン入力は「アクティブ静電結合方式」にペン先位置の検知技術などを採用し、ペン先とのズレがないようになっており,ノートや手帳に書き込むような手書き感覚で入力できます

dynapad2_az

画像引用元

OS Windows10 Home
プロセッサー Atom™ x5-Z8300
メモリ 4GB
ディスプレイ 12.0型 (3:2) WUXGA+ 高輝度・広視野角
ストレージ 128GB SSD
無線機能 IEEE802.11 a/b/g/n/ac + BT 4.0
インターフェイス ・マイク入力/ヘッドホン出力端子x1 ・microUSB2.0×2 ・HDMI(micro)出力端子×1
重量 約 579g


dynapadtop
画像引用元

東芝 dynaPad N72/TG

 

KING JIM PORTABOOK XMC10

ペンタブレットとは違いますが,こちらも気になるんです

KING JIMといえば事務用品の大手メーカーです

pomeraやロルトなども人気があった製品ですが,とうとうパソコンを出しました

アイデアが独創的で,開くキーボードというのが特徴的です

“使いやすさ”と“携帯性”を両立した新発想のたためるPC♪今なら専用ケースがもれなくついて…

何だかとても魅力的で気になる製品ですね

OS Windows10 Home
プロセッサー Atom™ x7-Z8700
メモリ 2GB
ディスプレイ 8型TFTカラー液晶
ストレージ 32GB SSD
無線機能 IEEE802.11 b/g/n BT 4.0
インターフェイス HDMI出力端子×1 ・VGA出力端子×1 ・USB2.0×1 ・SDメモリーカードスロット×1 ・オーディオ ヘッドセット/ヘッドホン端子×1
重量 約 830g

フルサイズをコンパクトに、たためるパソコン「ポータブック」 | キングジム
小さなボディに、フルサイズの使いやすさを実現。キーボードを折りたためるというこれまでにない発想で、使う時は大きくて打ちやすく、移動時は小さくてコンパクト。たためるパソコン「ポータブック」をご紹介します。株式会社キングジムの公式ウェブサイトです。

iPhoneの画面やメモなどを印刷、キングジムの新製品「ロルト」

 

 

気になる記事