Microsoft Office 365 solo,PCを購入する時はOffice抜きモデルで買おう

Microsoft Office 365 solo,PCを購入する時はOffice抜きモデルで買おう

WindowsPCを購入すると多くの方がプリインストールでOffice付きのモデルを,それが,さも当然のような感じで購入する場合が多い

しかし,この手のソフトは進化していく

もちろんOSも進化を続ける

そんな時,いつも最新版のソフトを使えるわけではない
また,OSが変わったりすると前のソフトは「過去」のソフトで,ともすれば「下位互換」などとなり,いかにも古いソフトを使っているように感じてしまう

日本マイクロソフト社は,2014年10月よりクラウドサービスでOfficeが使用できるOffice 365 Soloを発売した

[limitdisp open=”2015/04/11 00:00:00″ close=”2015/04/20 08:00:00″ desc=”  “]なんと,今なら,Office 365 Solo [1 年版] をご購入いただき、お申し込みいただいた方全員に、ご購入製品 1 個につき 3,000 円をキャッシュバック (返金) [/limitdisp]

 

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

これはクラウドを利用し,いつでも最新バージョンのOfficeが利用できるようになったということです
つまり,新しくWindowsマシンを購入するときにはOffice抜きでOKってことですね

まして,2015年秋にはWindows10がリリースされる予定です

このWindows10にも対応可能ということです

同時に,1 TB のストレージ、Skype から海外を含む固定電話などへの月々 60 分無料通話が行えるようになった
また,これは 1 ライセンスで 2 台の PC や Macの他,2 台までの iPad/Android タブレット、2 台までのスマートフォンにインストールすることができるという

1TBあれば容量に問題はないでしょうね

価格は12,744円(税込み)で,1ヶ月間ライセンスにすると1,274円です
しかし,1年間ライセンスのほうが16%お得になりますね
月々にすると1,062円ということになります

インストールするには

最初に Office のマイ アカウント ページを作成し,インストールする
このページはクラウド サービスの管理もできる

inst1
クイック実行機能の導入により、以前より短時間でインストールできる
inst2

 

 

使用許諾を経て,ウィザードにそって選ぶだけです

inst3

1TBのストレージは

マイアカウントページにアクセスし
1tb1
OneDriveにアクセスする

1tb2

 

詳しくは「1 TB の OneDrive ご利用方法」

スカイプの利用方法は「Skype 毎月 60 分無料世界通話のご利用方法」からご確認下さい

Microsoft Windows10

2015年秋口にWindows10がリリースされるということです
これによりクラウドサービスのOneDriveとOfficeとの関係も,より深くなるということですね

また,Windows7や8.1のユーザーには無償でアップグレードが可能だといいます

ウワサでは海賊版でも受け入れるという,Microsoftにとって,今までにない異例です
決して海賊版を容認するわけではありませんが,早い時期にWindows10へ移行していき,クラウドサービスを考えた新たな展開へ持ち込もうとしているのでしょうね

Office 365 Solo

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

気になる記事

(最終更新:2017年4月19日)