証明写真データが1枚あれば便利!コンビニ印刷やWeb上の申請写真を簡単に

証明写真データが1枚あれば便利!コンビニ印刷やWeb上の申請写真を簡単に

証明書写真ボックスは全国いたる場所に設置されていますが、証明書写真をスマホやパソコンに、データで持っておくと便利です。

パソコンでエントリーシート(履歴書)に添付する写真にしたり、スマホからコンビニで証明写真印刷したりと、何かと役に立ちます。

実際にDNP Ki-Re-i EXで証明書写真を撮影し、コンビニで出力するまでの流れを説明いたします。

DNP Ki-Re-i EXでの撮影操作

今回は家電量販店の片隅にあるDNP Ki-Re-i EXで撮影しました。

まず証明写真withスマホを選択します。

アプリのダウンロードを促されますのでQRコードを読み込んでアプリをインストールしておきます。

写真印刷は不要なので「写真プリントなし(データのみ)」を選択し、メニューを選びます。

男前にしてほしい?ので「男前+(800円)」を選択しました。

写真データは後で加工ができるよう大判を選んでおくと良いでしょう。

写真撮影は案内に従って通法で撮影しました。

2回撮影したものからカッコイイ方を選びます。

もし、納得できなければ再度(2度まで)撮影し直し出来ますので、2度目を撮影しましたが、ベースが大したことないのでどっちもどっちでした(汗)

選んだ写真の頭の位置と顎の位置の上下を合わせます。

補正は明るくするなど顔色と肌を調整します。

後は撮影データのアップロードを待ちます。

パスワードやQRコードが記載された必要用紙が印刷されます。

スマホで、Ki-Re-i ID Photoアプリを開き「写真ダウンロード」を選択します。

パスワードを入れ写真を選択し、写真データをダウンロードします。

ダウンロードしたデータをパソコンにコピペ保存すれば2枚のデータが残りますので、これで完了です。

私は別途Dropboxにも保存しました。

コンビニ(ファミマ)で印刷

コンビニ印刷ですが、今回はファミマで印刷しました。

セブンイレブンは「マルチコピー」という専用アプリを使用します。

「PrintSmash」はファミマやローソンで使用できるので、私はコチラのほうが良いと思います。

PrintSmash
PrintSmash
Price: 無料

 

写真アプリ(写真アルバム)からダウンロードしたデータを先に取り込んでコンビニへ向かいます。

コンビニに着いたらプリンターコーナーで写真をプリントする項目を選び、スマートフォンからの印刷を選択します。

Wi-Fiパスワードが出てきますのでアプリを一旦閉じて、スマホでWi-Fi接続を行います。

「10_SHARP_WF」に接続し、プリンター画面のパスワードを入力します。

これはどこのコンビニでも同じパスワードのようなので一度設定しておけば、他のコンビニ(ファミマ、ローソン)でも利用できるようです。

Wi-Fi接続できれば、プリント予定の写真で書類に必要な写真サイズを選択し、印刷を実行すれば完了です。

金額は200円でしたので、写真撮影とプリントアウトで1,000円で証明書写真が印刷できました。

以降のプリントは200円のみでOKです。

データ出力できる証明写真装置

 

  FujiFilm Sma・Face! ID VOX DNP Ki-Re-i EX
特徴

・スマホやPCのブラウザでサイトへログインしダウンロード
・データはエントリーシートの顔写真などで利用できる
・設置場所が多い
・6ヶ月間ダウンロードできる

・スマホアプリで管理できる
・一眼レフ搭載カメラで取り直しは無制限
・全国のイオン店舗に設置されている
・画像保存期間は6ヶ月

・専用アプリでダウンロード
・その場でマイナンバーの申請ができる
・データのダウンロードは2週間

料金 通常800円 /美肌モード1000円 通常800円/美肌モード1000円 通常800円/美肌900円/美肌EX1000円

まとめとして

今回はKi-Re-i EXでデータをダウンロードし、ファミマで印刷(プリント)しましたが、他の機種やコンビニの組合せでも大丈夫です。

写真データはWeb上で写真による申請やエントリーシートにも利用できるので、スマホとパソコンに保存しておけば、いつでもどこでも対応できます。

プラスしてDropboxにも保存しておけば、万全な体制です