HEIFとは何?jpg,pngに代わるWeb画像フォーマットになるの?

HEIFとは何?jpg,pngに代わるWeb画像フォーマットになるの?

HEIFというファイル形式 をご存知でしょうか?

MPEGが開発した新しい画像フォーマットで「High Efficiency Image File 」 の略で、.heif(ヒーフ)という拡張子です。

OSやmacOSがサポートを始めていますが、Windows10やAndroidも対応できるようになる ということです。

HEIFはJPEGより圧縮率が高いのに画質が落ちない というスグレモノなので、HEIFが一般化すれば画質を落とさずデータ量を削減できることになります。

iPhoneのLive撮影などはHEIFです

iPhoneのライブ撮影などがHEIF(Appleの場合、拡張子は.heic)になります。

HEIF形式は撮影した(短い)動画と画像を一緒に保存することが出来るのです。

JPEG、GIF、PNG などの従来のフォーマットに比べ、画質、圧縮能力、機能が向上します。

従来、iPhoneで撮影した画像をMacに取り込むとJPEGで保存され、開いてもLive撮影は見ることが出来ませんでしたが、macOS High SierraからはMacでもLive写真を見ることが出来ますよね?それがHEIFです。

正確には撮影した動画をHEVC技術で圧縮した場合が.heifとなり、H.264で圧縮すれば.avciとなるということです。

Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱う〜Appleサポートページ

NOKIA TECHサイトより
HEIF Comparison – High Efficiency Image File Format

nokia techサイトにjpeg,gifとheif比較しているページがありました。

jpgと比較してファイル容量は小さいのに、画質が良いというのが分かります。

特に山の画像を比較すると、稜線部分がjpgよりheifの方がくっきり しています。

AndroidやWindowsも追従してHEIFに対応

Androidは次期バージョンAndroid P にて対応されるということと、Microsoftも次期アップデートでWindows10とPhotosアプリで使用できる ようになります。

Windows10 Insider Previewではビルド 17123で対応しているようです。

jpegの2倍の圧縮率でストレージを圧迫しないのなら、採用していくしかないですよね。

Webページの対応はどうなのか

ファイル容量が小さいということからすればWeb ページにはもってこいのフォーマット といえます。

HTML5.2からHEIFには対応 しており、今後のWebデザインでは当然のように使われる可能性がありますが、現在Web上にある、多くのサイトがHTML5.2以前の画像要素で記述 されているため、すぐに普及することはないかもしれません。

しかし、Android、Windows、Appleが対応するということは、ブラウザもChrome、Edge、Safariに対応することになります。

Appleをはじめ、Google、MicrosoftがHEIFを推奨してくるとJPEG → HEIFへの移行は一気に加速 するかもしれません。

Appleは過去にiOSやOS XからFlashを排除していき、iPhoneやMacで再生する方法を無くしていきました。

結果、WebにおいてFlashは死んでしまったも同然の状態 に追い込まれています。

もしAppleが「Webからjpegを淘汰し、HEIFを画像フォーマットの標準にします」と宣言したら、jpegも死んじゃうのかも ?しれませんね。

そうなると、同じようにデジタルメディアを扱う、デジタルカメラの分野でも、もしかしたら変革が起きるのでしょうか。

まとめとして

今後、Webの世界はHEIF形式の画像が中心になることとは思いますが、定着するのかどうかは、今後の動き次第ということです。

jpeg(ジェーペグ)は拡張子という言葉はもちろん、パソコンを知らない人でも「デジカメの保存形式はジェーペグです」というくらい俗語として普及していますが.heif(ヒーフ)は発声しにくいので、俗語として定着するのかどうなのか というところが、老婆心的に心配ですww

気になる記事

(最終更新:2018年5月3日)