WPテーマでスマホをターゲットにしたストークはオシャレすぎませんか

WPテーマでスマホをターゲットにしたストークはオシャレすぎませんか

WordPress(ワードプレス)有料テーマのSTORK(ストーク)はスマホで見られることをスゴく意識しているテーマです。

スマホで表示してカッコよくおしゃれなんです。

STORKの詳細を見る⇨

ネット閲覧の65%以上がスマホの昨今,WPテーマもレスポンシブ・デザインが主流になっています。

Googleもモバイルフレンドリーは必須になっていますので,ブログサイト制作にはスマホ表示を考えていないと検索にかからなくなります。

WPテーマ制作のスタートはスマホ

storkteme2_z

ほとんどのテーマ制作のスタートはパソコンありきで設計されています。

そんな中でPPEN CAGEさんがデザインするテーマは,まずスマホから見てどう表示されるのかから始まっています。

もちろん,パソコンでの表示もカッコいいんです。

他のテーマ以上にスマホを意識している

STORKの詳細を見る⇨

他にもハミングバードアルバトロスなどもスマホを意識しているのですが,ストークはもっと意識しています。

スマホで見るということは外出先で見ることが多かったり,小さな画面で見たりとパソコンに比べて条件は悪くなります。

そうなると,シンプルでフラットデザインは必須になります。

文字の大きさも重要です。

文字間や行間などもスマホ表示で見やすいということが条件になります。

そういった条件をクリアしているテーマだといえます。

HUMMING BIRDの詳細を見る

ALBATROSの詳細を見る

ワンカラム固定ページでインパクト

oneclumn_z
ワンカラムレイアウトがとてもキレイです。

スマホを意識したテーマだなと感じるところです。

これはハミングバードなどでも同じなんですが,キレイでいてオシャレで見やすい。

褒め過ぎかもしれませんがホントに優れています。

STORKの詳細を見る⇨

ランディングページ機能

cta_z
LP(ランディングページ)は物販やアフィリエイトで必要な機能になります。

また,成約に結びつけるためにはCTA,Call To Action(行動喚起) は必要になります。

CTAウィジェット表示機能が付いていますので,訪問者を確実に誘導しクリックに結びつけることができます。

このCTAに関してはプラグインも少ないのでかなり役立つ機能です。

LPとCTAで訪問者の行動をガッチリキャッチしましょう。

ショートコード

hukidashi_z

ショートコードも充実しています。

ボタン効果も充実していますし,2カラム表示,3カラム表示,シンプルな枠表示,そしてQ&Aなどで利用できる吹き出し機能が付いています。

他にも数多くのショートコードがあります。

まとめ

  • ストークのテーマ制作のスタートがスマホというところがポイント
  • CTAや吹き出し機能など,ウィジェットやショートコードが充実
  • 10,800円(税込み)という価格は,有料テーマでは非常にお手頃な価格です

STORKの詳細を見る⇨