2018年 人気のあるWordPress関連記事のピックアップとオススメのテーマ5選

2018年 人気のあるWordPress関連記事のピックアップとオススメのテーマ5選

WordPressの有料テーマは数多くありますが、テーマでサイトの印象がガラリと変わります。

有料テーマでも「自分が」使えるテーマを選ばなくてはてはなりません

かっこいい、きれい、オシャレなんだけれど自分のサイトコンセプトとかけ離れていたら、せっかく購入するのに意味がありません

当サイトではいくつかの有料テーマやプラグインを紹介してきました。
今回は、当サイトで人気のあるWordPress記事をピックアップしてご紹介いたします。また、オススメするテーマのベスト5もピックアップしています。
WordPressテーマのレビューなどと併せてご紹介していますので、参考にして下さい。

2016年〜2018年に年度別オススメテーマを紹介します

3年経過するとその時時の流行りも変化してきますが、その年のオススメテーマを紹介しています。

2016年 WordPress SEO対策が施されている日本国内作成の無料テーマ(テンプレート)

2016年にオススメできる日本語有料WPテーマで美しくSEOできる10選

2017年にオススメできる日本語有料WPテーマ10選+1は美しく進化している

2017年下半期に注目される日本語有料WPテーマ5選は目的への誘導

2018年にオススメできる日本語有料WPテーマはアフィリエイト特化型が主流10選+α

動画プラグインも見逃せなかった

YouTube動画をサイトに埋め込んで広告と連動させたり、自分のYouTubeを紹介するための装飾を施すプラグインは重宝します。

インパクトが全然違いますので、必見です。

WordPressに動画をかっこ良く見せる最強のプラグイン「YouTube Adds Pro」を使用してみた

個別に紹介した有料テーマ

個別にレビュー記事などもありますので、その記事をピックアップしてみました。

DigiPress「Colors」

WordPressテーマDigiPress「Colors」を導入してみた

WP有料テーマ DigiPressを10倍魅力的にするショートコード

OPENCAGE

WP スマホで見られることを意識したかっこいいテーマはコレだ!

WPテーマでスマホをターゲットにしたストークはオシャレすぎませんか

TCD

WP有料テーマ TCD 選ぶならコレ!セレクト・ベスト3+1
ちなみに2016年6月時点です

WordPressテーマTCD「BRIDGE」を導入して失敗だった?

LIQUID PRESS

【WP】2017年注目 SSLに対応した有料テーマ LIQUID PRESS

当サイトが選ぶ有料WordPressテーマベスト5

昨今のテーマをトータルして当サイトが選ぶ有料WordPressテーマのベスト5は以下のようになります。

1位 MAG

ブロガーに最適なテーマで、トータルバランスが優れています。

ブログサイトとしてすべての機能を持ち合わせており、テーマカラーとヘッダータイトルを変更するだけで完成されたサイトが作成できます。

2位 STORK


デザインのスタートがスマホということで、モバイルファーストに徹したテーマです。

もちろん、通常のPC表示でもスマートなサイトです。

3位 BRIDGE

2017年発売された、ランキングサイトに最適なテーマです。

ランキングサイトだけでなく、汎用性に優れた、オールラウンドに使用できるテーマでもあります。

4位 賢威

これはブロガー・アフィリエイター共に外せないテーマです。

シンプルな構造ですが、色んなサイトでカスタマイズが紹介されているので、使用に戸惑うことはないでしょう。

SEOにも強いので、一つは持っておきたいテーマです。

5位 AFFINGER 4 Pro

これはアフィリエイトに特化した、売るためのサイト作りを目指していますので、アフィリエイターにとって必須のテーマと言えます。

無料テーマのSTINGERの流れを受け継いでいますので、カスタマイズ性にも長けています。

カスタマイズを紹介しているサイトも多いため、使用に戸惑うことはないテーマです。

ベスト5のまとめ

このように、ベスト5をピックアップしてみると、平凡だなと感じます。

しかし「平凡」ということは、支持されているということです。

安心して利用できるというのが一番です。

まとめとして

ここ数年でGoogleの検索アルゴリズムも大きく変化しています。

サイトのSEO対策を余儀なくされます。

記事内容が高品位であれば、Googleのアップデートは怖くないといいますが、モバイルに対応していなくてはならない、表示速度が早くなくてはならない、https環境下でなくてはならない、無意味な広告サイトはダメetc…こういった内容は最低限必要です。

WordPress有料テーマは、このようなGoogle検索アルゴリズムのアップデートを常に察知し進化したテーマを販売しています。

また、ほとんどの有料テーマはバージョンアップを常々行い、対応を行っています(かなり古いものは別ですが・・・)。

無料のテーマは限界があるので、古いバージョンのものは対応しきれなくなることも多々あります。

SEOの観点からも有料テーマの優位性があると考えて良い・・・と、過去を振り返りながら思った次第です。

(最終更新:2018年2月11日)