iPhone Xへ機種変ができなかった!半年後にまた来いということか

iPhone Xへ機種変ができなかった!半年後にまた来いということか

iPhone Xが入荷したのでご連絡いたします。と、ビックカメラのSoftBank Shopから連絡があった。

10月に引越しのため、自宅のインターネット回線をSoftBankにし、iPhone Xが欲しかったのですが、割引利用するために一旦買取でiPhone7へ機種変して1ヶ月と1日過ぎれば新たに機種変ができると言われ素直に従ったのが運の尽きでした。

iPhone Xが入荷しました

インターネット環境をauひかりからsoftbank光へお得に乗り換えてみた
訳あって引越ししました。バタバタしていてもインターネット環境は必要不可欠です。 引越しする前は、iPhoneのキャリアがauだったので、インターネット回線も抱き合わせでauひかりを使用していましたが、転居先のマンションはauひかりの回線が入…

引越しのため、自宅のインターネット環境を急に変えなくてはいけなくなりauひかりからSoftBank光へ変更を余儀なくされました。

どうせならセット割を利用しようとiPhoneもSoftBankへ乗り換えることにしました。

そして提案を受けたのが上の記事です。

「おぉiPhone Xに機種変ができるならいいじゃない」と、欲しくはなかったのですがiPhone7へ一旦機種変をしました。

機種はiPhone7 32GB ピアノブラックしか在庫がないため、どうせ売るんだし、一時的なら32GBで十分だと思い変更しました。

しかも、新品時の保護シートも外さずに使用していました。

電話使用時には話しづらいのでBluetoothヘッドフォンで会話しながら1ヶ月耐えてきました。

そこに「iPhone Xが入荷しましたので、おいで下さい」という連絡がありました。

「やっとiPhone Xが手に入る」と、喜び勇んでビックカメラへ行きましたが思わぬ結末になりました。

機種変更できません

SoftBankコーナーへ行くと、前回担当してくれた人が「あ〜ずさん、お待ちしていました」と、名前まで覚えていてくれていたり、ちょっと感激したのも束の間でした。

確認のため免許証を提出し、必要事項をチェックし、署名を終えました。

「じゃ、審査確認してきますね。」と、パソコンで確認すると

「あぁ・・・これ、1ヶ月じゃ審査通りませんでしたねぇ・・・やはり半年くらい必要なようですね・・・」

「えっ・・・?何て言いました?」

「いや、1ヶ月では無理のようでした。」

「あなた、1ヶ月以上でと言ったじゃないですか?」

「いや、うまく行けばという話だったんです。」

とりあえず今できることは先に行おうと思い「じゃ、どうすれば良いのですか?」と聞くと「一括購入すれば問題ありません。」とのこと。

「い、一括購入っていくらよ?」「256GBのスペースグレイですと149,200円です。」

頭の整理がつかない・・・えっと「じゅうよんまんきゅうせんにひゃくえん」ですと?

「もしくはビックカメラでクレジットカードで購入いただくとか・・・
iPhone7が一括購入の手続きになっているのでお売りすることもできるので、何とかご了承いただけませんか?」

48回にしておけば月々が4~5,000円+契約プランくらいなので一括で引き落ちるしまぁいいかと思っていたのですが、クレカだと24回で月々7,200円+契約プランとなります。

iPhone7を買取業者に出すと今なら50,000円前後では売れるだろうが、ちょっと話が違うので軽々には「はい」とは言えないのです。

「いやいやいや・・・何とかならないの?」

「私も契約できると思ったので申込みまで行ったのですが、SoftBankのルールでこうなっているようなので、すみません。」

謝られても困るし、何とかしたいのですが・・・・

押し問答になるのでここは「一旦保留にして下さい。」と、SoftBankコーナーを後にしました。

もう一度契約書を見直さなければ

契約内容をもう一度確認したが、現状から不利になることはないようです。

そりゃ、負担がないわけですから問題はありませんね。

で、取り置きが1週間ということで、4〜5日経過して再度ビックカメラを訪れた。

結果はやはり、1ヶ月チョイでは無理だということです。

「どういった審査なのかは私らもわからないので・・・」と、弁解。

「アナタがわからなければ、私がわかる訳無いよね〜」

私自身の信用がないのかと考えましたが、他のものは問題ないのでやはり期間がネックのようです。

「半年後には問題ない・・・と思います」とのことです。

「『思います』か〜い!!」

何より残念なのが、今回は束の間の使用ということで、機種をiPhone7 32GBにしていることです。

iPhone6Sが64GBだったので、いわばグレードダウンですよね。

しかも音楽などのデータを含め40GBは使用していたので、32GBでは入りきれないのでそれがとても残念なのです。

で、ビックカメラさんどうしてくれるの?

もうそこで揉めてもどうせ変わらないのなら、泣く泣く諦めるしか手はないのかもしれません。

昔、SoftBankを使用していてauに変更した時もトラブルがあったからです。

今回も同じですね・・・・

半年後にはもしかしたらまたauへ逆戻りしているかもしれません。

しかし、どう考えても少しくらいサービスを頂かないと納得はしません。

「強化ガラスとかケースとか何かサービスできない?」

「商品をおつけするわけには行かないんです。一旦強化ガラスかケースをお買い上げ頂き、その後パケット代を1ヶ月分(5,000円分)サービス手配いたしますがいかがでしょうか?」

強化ガラスが商品上代3,300円です。ケースは気に入ったものがなかったので、強化ガラスを購入して1ヶ月分のサービスを受けることにしました。

現時点でiPhone Xが入手できたら、iPhone7をすぐに売ったら、新品同様だししかもフィルムも外していないので50,000円以上に換金できたのですが、半年するとその価格も落ちるでしょうから、損したのか得したのかといえば明らかに「損」です。

ビックカメラにちょっとした不信が残る結果になりました。

半年は本意でないiPhone7と付き合う

iPhone7に失礼なのだが、今回は本意ではない機種を所有しなければいけないということで何だか気持ちが冷めています。

しかしながら、来春にはiPhone Xもマイナーチェンジするかもしれないという情報も出ています。

負け犬の遠吠え的に言えば「iPhone Xは出たばかりでもしかしたらトラブルを抱えてるかもしれないので、完成品のiPhone Xが出てくるまで待つんだ!」と、叫んでおきます。

しかし・・・く、悔しいです・・・・(泣)