2017 McBook Pro13インチを購入してのレビューTouchBarなしで問題なし

2017 McBook Pro13インチを購入してのレビューTouchBarなしで問題なし

McBook Pro13インチTouchBarなしを購入したのでレビューしてみます。

スペックはCPU 2.3GHz メモリー16GB ストレージ256GBです。

私はブログなどの文章が中心のため、敢えて価格の高いTouchBarの必要性を感じていないため、迷わずTouchBarなしを選択しました。

購入してのレビューや感想などを記事にしてみます。

MacBook Pro 開封の儀

Apple Storeで購入しましたが、ショップの人が「開封されますか?」というので「結構です!」と、お断りしました。

せっかくの「開封の儀」は自宅で1人楽しみながら行いたいものです。

開封の儀を終え初期セットアップです。

ここでの注意点として初期設定時にApple IDを入力しないということです。

もちろん、入力いただいても良いのですが、間違って入力しそこから先に進めなくなったり、iCloudへサインインする時に流れでiCloudDriveが入りになっていたりと面倒ですので、ここはスキップしましょう。

McBook Pro2016と比較して

  13インチ
MacBook Pro
TouchBar無し
2017
13インチ
MacBook Pro
TouchBar無し
2016
ストレージ容量 128GB/256GB
(512GB/1TB)
256GB
(512GB/1TB)
ディスプレイ 13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル
227ppi
広色域(P3)

CPU 2.3GHzデュアルコア
Intel Core i5
第7世代 KabyLake
2.0GHzデュアルコア
Intel Core i5
第6世代 Skylake
GPU Intel Iris Plus Graphics 640 Intel Iris Graphics 540
RAM 8GB 2,133MHz LPDDR3
(16GBに変更可能)
8GB 1,866MHz LPDDR3
(16GBに変更可能)

McBook Pro2016はCPUが2.0GHzの第6世代のSkylakeだったのに対し、2017は2.3GHz 第7世代のKabyLakeを採用しています。

CPUクロックが上がると同時にメモリーも1,866MHz から2,133MHzいることとで転送速度も15%以上アップしています。

CPUが第7世代になり、GPU性能も良くなっています。

これによりアプリの起動時間や動作速度がアップします。

少なくとも現在使用しているMacBook Air 2015と比較すると抜群に速いなっていうのは感じます。

しかし、比較としてのMcBook Pro 2016モデルはあまり触れておらず、使い込んでいるわけではないので、速くなったという体感はできないのですが、悪くなっているのではないということで納得しました。

McBook Proを実際操作してみて

実際に触ってみると操作性の良し悪しはわかりますが、どうしても比較がMacBook Air 2015との比較になってしまいますが、ご了承下さい。

キーボード

TouchBarモデルではないので従来のものと比較してということになります

第2世代バタフライ構造のキーボードの打感や音の高さなどの使用感は使用する人が良いと感じるのか悪いと感じるのか個人差がありますが、私は嫌いではありません。

MacBook Airとの比較になりますが、トラックパッドの大きさや打感、打音はとても使いやすく心地よく感じます。

静かなところでは若干ですがパチパチとキーの打音が響きますが、それも含めて嫌いではありません。

McBook Pro2016で起きた特定のキー入力が出来なかったり、キータッチ音が違ったりしたトラブルが生じましたが、それを改善しているということで期待したいところです。

アプリなどの動作

アプリ起動などはMacBook Airより速いのは当たり前ですが、文句なしの動作です。

Photoshopの起動も早いし、テキストエディタも瞬時に起動します。

FinalCut ProやLogic Pro Xももたもたせずにシャカシャカっと起動するところは流石です。

これは16GBのメモリーのおかげとも言えます。

やはり、価格面でもTouchBar付きモデルを選択するより、メモリーを増やしてストレスを軽減したほうが良いのかなと思います。

Thunderbolt3ポート

やはり気になるのはポートですね。

TouchBar付きはThunderbolt3(USB-C)が4つあるのに対し、TouchBarなしは2つですのでちょっと少ないですね。

必ずUSB-C変換アダプタなどの製品が必要になります。

変換アダプターを購入する際の参考にしてください

MacBookPro 2017 USB-Cの変換アダプタ選びは価格重視で行った
2017 MacBook Pro 13インチを購入したが、機能拡張ポートがThunderbolt3(USB-C)が2つしか付いていません。 これはUSB-Cの変換用アダプタが必要だということで、8製品をセレクトして検討しました。 「Proっ…

必需品としてThunderbolt3(USB-C) to USB Aのケーブルはあったほうが良いです。

iPhoneとの接続やTime Machineバックアップ用のHDDの取り付けなどで重宝します。

これに関しては純正品を購入しました。

電源もThunderboltポートを使用しているのは、如何なものかと感じます。

Thunderboltポートはカチッと差し込まなければいけません。そのため、片手で支え、もう一方の手でコードを差し込まねければいけません。

電源ケーブルを抜き差しするときは、両手使わないとポートがすぐに壊れてしまいます。

MagSafeはラフに接続してもマグネットでしっかり捉えてくれますし、外すときも片手でスムーズに外せます。

なんで電源ケーブルを差し込むのに気を使わなきゃいけないのって感じですかね。

やはりMagSafeが使いやすいですね。

MacBook AirやMacBookだったら仕方ないのかなと思いますが、Proを冠しているのなら、電源と別に3ポートほしいですね。

 

まとめとして

まとめとして、McBook Pro 2017 13インチTouchBar無しモデルは買いだと思います。

  MacBook Pro MacBook Air
高さ 1.49 cm 0.3~1.7 cm
30.41 cm 32.5 cm
奥行き 21.24 cm 22.7 cm
重量 1.37 kg 1.35 kg

重さはMacBook Airとほぼ同等だが、幅が約2cm、奥行きで約1.5cm小さくなっているので機動性もあります。

キーボードの操作感も個人差はあるでしょうが、私には問題ありません。

コスパも価格に見合っています・・・と、いうか元々が高いww!!

TouchBarに関しては個々に意見はあるようですが、私自身必要性を見いだせません。

なんだか複雑なおもちゃが付いたようだし、パーツが増えた分、故障の元だと考えていますので、全く不要と思っています。

Proという以上、堅牢堅固であるべきです。むしろ、おもちゃのような機能(失礼!!)はMacBookにおまかせしたいものです。

オススメはCPU2.3GHz、メモリ16GB、ストレージ256GB以上であれば、快適に操作できそうで、総合的に見て優れたマシンだといえます。

CATEGORY :