【WP】2017年注目 SSLに対応した有料テーマ LIQUID PRESS

【WP】2017年注目 SSLに対応した有料テーマ LIQUID PRESS

LIQUID PRESSは無料から使えるレスポンシブ対応WordPressテーマですが,有料の日本語テーマとして2017年にもっとも注目すべきテーマです。

モバイルファーストで,いち早くBootstrap4へ対応しています。

カスタマイザー編集も簡単に

カスタマイザーは他のテーマでも利用している,感覚的に操作ができるWordPressのAPIで,ほとんど見たまま簡単に編集・設定できます。

レスポンシブプラスという独自機能

LIQUID PRESS公式サイトより

普通,レスポンシブデザインでスマホ表示するとスマホ用にサイトが変更されます。

もちろんその変更されたデザインでも問題はないのでしょうが,PC画面そのままを見たい時がありますよね。

「レスポンシブプラス」という独自機能でスマホでもPC用表示に切り替えられる機能を有している。

スマホで見ていると迷子になることがあるので,これは良い機能ですね。

Bootstrap 4に対応

Bootstrap 4に対応と言ってもピンときませんが,元はTwitter社が開発した,ブラウザのレイアウトデザインを柔軟に調整できるWebの技術のようです。

HTML/CSS/JavaScriptの「フレームワーク」で・・・・あ゛〜これは一旦 置いておきましょうか 笑

なんでもアメリカ航空宇宙局(NASA)やMSNBC(米国のニュース専門チャンネル)にも採用されているということで,要するにスゴイってことです。

とにかくコレを利用すると,より高度なカスタマイズも可能だということです。

そのBootstrap4に対応済みということです。

SSLにも対応

今やサイトのSSL化は当然のように行われています。
エックスサーバーは無料で独自SSLが使用できます。

LIQUID PRESS シリーズテーマは、SSLに対応していますので安心です。

コンテンツ分析βツール

LIQUID PRESS公式サイトより

管理画面で,閲覧数,SNSシェア数,独自のコンテンツスコアやキーワード出現数を確認し,サイト運営を手助けする機能です。

これはアクセス解析と併用することで,ブログやメディアの強みや改善すべき点などが分析できますね。

その他の機能

他にも数多くの機能がある。

もちろんSEO対策も当たり前のように施されています。

Googleガイドラインに従い Googleモバイルフレンドリー対応、構造化データに対応し,TITLEやh1タグをページによって出し分けするなどの内部SEOも施しています。

モバイルファースト

Googleは2016年11月にモバイルファーストを発表しており,今後ますますモバイルページ評価が大きくなります。

ウィジェットのスマホ/PC出し分けやウィジェットのカラム設定,AMPにも対応しています。

CTA(コール トゥ アクション)機能

CTA(call to action)とは「行動喚起」の意味で,サイト訪問者にリンクやボタンクリックへの行動に誘導することで,アフィリエイトのコンバージョンを上げる機能です。

他にもお問い合わせや資料請求などに使用できます。

多言語対応

LIQUID PRESS公式サイトより

プラグイン不要で多言語化することができ,言語切替リンクの自動表示や言語別デザインも設定できます。

海外への展開も期待できるという,何気にスゴイ機能ですね。

無料版からスタート

無料版をインストールしてテスト用ブログにアップしたのが ⬆ です。

無料版からスタートできるのですが,そこは無料ですから機能はほとんどありません。

デモサイトを自分で作って見る程度の機能しかありませんので,やはり有料テーマにするべきですね。

ブログに適したオススメはMAGAZINEですが,SMARTも気になります。

LIQUID PRESSは2017年後半から注目される,ワクワクさせるWordPress 有料日本語テーマです。