2017年新型MacPro,MacBook Proのモデルチェンジはある?

2017年新型MacPro,MacBook Proのモデルチェンジはある?

2017年はMacのモデルチェンジがいくつもウワサされています。新型MacProは発売されるのでしょうか?

プロユースで使用されているMacですが,一番使用されているのがMacBook Pro,次いでiMac,そしてMac Proということです。

MacBook Proが一番使用されているとは意外な気がしましたが,プロユースは音楽やグラフィックだけでなくライターなども含まれてきますので,それはそうなのかなと思います。

Mac Pro

米Apple情報メディア9to5Macによると次期Mac Proはモジュール型PCとして2019年初頭に発売するかもしれないということです。
残念ながら2017年は発売されそうにないようです。

2016のMac Proは従来クアッドコアのマシンが6コアになり,6コアのマシンが8コアになりメモリも従来のクアッドコアモデルが12GBだったものを16GBにし,GPUもそれぞれスペックを向上させて,価格据え置きで販売しています。

価格が同じで性能が格段にアップしているのですから,これってスゴイことですよね。
とはいえ,298,800円と398,800円ですから元々ハイエンドなマシンです。
性能がアップしたからと言ってすぐに飛びつける製品ではありません。

しかし2016年4月10日現在Appleオンラインストアで見ると,8コアは注文できませんとなっていました。これは一体なぜでしょうか?

モジュールMac Proが発売されたらMac Miniと被らない?

モジュール型のPCは2016年にAcerが「Revo Build」を発売しています。

Acer自ら積み木PCとしており,モジュールを積み木のように組み合わせて自分のスタイルに合わせ,基本スペックにグラボやストレージ,メモリなどカスタマイズすることができるPCです。

基本スペックのマシンの価格を抑え,そのマシン単体でも動作しよりハイエンドなユーザーにはモジュールを追加することで対応できるということです。

Mac Miniのような筐体にモジュールを追加しハイエンドマシンを完成させる事ができるわけです。
そうなればMac Miniの存在が危ぶまれますね。

しかし,パーツが共通して使用できるなどの生産面でのコスト削減に繋がるのでそれはそれで良いのかもしれません。

 

MacBook Pro15インチ TouchBar無し

噂の域を出ていませんがMacBook Pro15インチ TouchBar無しが発売されるという噂も出ています。

新型MacBook Pro(Late 2016)が発売されて以降,整備済み品のMacBook Pro(Mid 2015)がプロユースのユーザーを中心に販売台数が増加しているということです。

音楽制作や記事のライティングやビジネスシーンではTouchBarは否定的です。

TouchBarはプロユース現場ではおもちゃのようで,逆にトラブルの原因と思っているので,そういった現象が起きているということです。
そのような流れを受け,MacBook Pro15インチ TouchBar無しが発売されるというウワサです。

整備済み品のMacBook Pro(Mid 2015)が売れるのは別に原因もありそうです。

音楽制作やフォトグラファーなどのライブ現場ではMacのみで作業を行っているわけではありません。

USB-Cに非対応の周辺機器が多く,変換アダプターなどを使用しなくてはいけなくなります。それでなくても周辺機器が多い現場では間に変換アダプターを介することで,別のトラブルを起こしかねません。

やはり従来通りの接続を望むわけですから整備済み品のMacBook Pro(Mid 2015)が売れるのではないでしょうか。

まとめとして

2017年はMacProのフルモデルチェンジはないということは確かなようです。
ただ,新しいMacProが検討されていることは事実でしょう。

MacBook Proは販売開始すぐのトラブルやTouchBarがプロユース・ユーザからは否定的に思われていることを考えるとマイナーチェンジは十分に考えられます。