うるおいお肌を保つため加湿器を置こう!それもオシャレなもの・・・でもそれだけではダメ

うるおいお肌を保つため加湿器を置こう!それもオシャレなもの・・・でもそれだけではダメ

お肌に厳しい季節がやってきます

それでなくとも空気が乾燥してくる冬場。室内はエアコン等で暖房をするので、湿度が20~30%になってしまうことも・・・

 
だからこそうるおいを保つために加湿器を置きましょう。

 

どうせなら好きな香りも楽しめる,人気のあるオシャレなアロマ加湿器なんかいいですね。

 
パソコンやりながらUSBでってのもいいですかね。それから,空気清浄機能付きってのもありますね(高いけれど(;・∀・))・・・ま,お手頃な価格のものもたくさんありますからね〜

 
どれをおすすめしても悪くはないと思うので,後はコスパとかデザインとか,あなたの好みになってきますね^^

 

 

乾燥が与える影響

 

①目やお肌の乾燥

目が乾燥するとコンタクト装着の方は辛いですよね
もちろん,お肌に乾燥は大敵

 

②口,鼻の粘膜が乾燥し、ホコリ等を体外へ排除する働きが低下

粘膜が乾燥するとソコにウィルスや雑菌が入ってきやすくなります

 

③ウィルスが活性化する

ウィルスの大敵は適度な湿気,乾燥した中では活発に働きます

 

④静電気が発生しやすくなる

洋服を脱いだ時,ストッキングを脱いだ時のパチパチは嫌なものです
何より,人と触れ合った時にも「バチッ!!」としびれるような痛みもありますね
後は車に乗ろうとした時のドアで静電気・・・・イヤですねぇ

 

適度な湿度は?

室内に「洗濯物を干す」などの加湿対策を行っているご家庭もありますが、湿度20~30%程度では快適な湿度まで上げるまでの水分量は充分ではありません。

 

 

オフィスなどではフロア一括の空調暖房が多いため、思っている以上に空気はカラカラです。

 
静電気は,自分の不快感だけでなく、電子機器にも影響を与える可能性もありますよね。

 

厚生労働省によりますとインフルエンザQ&Aで

 

適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

 

と,発表している

 

冬場の注意点

 

 

0-01

 

冬場の室内は湿度が20%くらいまで下がっています。

 
かなりの乾燥状態ですね。

 
かと言って高過ぎると外気温との気温差で結露し,カビの原因にもなりますので,適度の換気を行う必要もあります。

 

加湿器の種類

 

スチーム式加湿器

水タンクやシリンダー内の水に電熱ヒーターなどにより、水を加熱蒸発させる方式です。

 

超音波加湿器

水タンクの底面から超音波を出し、水を常温のまま直接霧化する方式です。

 
水質によっては、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が室内に放出するため,TVやPCのディスプレーなどに白い粉が付着することがあります。

 

これを防ぐために、浄水器に通して、ミネラル分を取り除く製品などもあります。

 
こんな商品などですね

 

(まとめ買い)アピックス モイストファン AFU-100-WH ペールホワイト×2セット

(まとめ買い)アピックス モイス
トファン AFU-100-W…

¥15,120(税込)

※この商品は下記内容×2セットでお届けします。「アピックス モイストファン AFU-100-WH ペールホワイト」は、夏はミスト涼風、冬は加湿器としてオールシーズン対応する卓上型加湿器です。ミスト・送風機能は共に単独運転可能で、加湿器としてもお使いいただけます…

拡大画像を見る

 

気化式加湿器

合成樹脂や布などの吸水性がある素材を水で湿らし、内蔵ファンで蒸発させる方式です。

 

おおまかには3タイプになりますが,水を使う点はどれも同じですね。
だったら,ご自分の好きな香りを混ぜてアロマの香りがする加湿器などはいいっですよね

 

PRISMATE(プリズメイト) アロマ超音波式加湿器 Beegu(ビグー) BBH-65-OR オレンジ

PRISMATE(プリズメイト)
アロマ超音波式加湿器 Be…

¥6,156(税込)

「PRISMATE(プリズメイト) アロマ超音波式加湿器 Beegu(ビグー) BBH-65-OR オレンジ」は、最大時の噴霧量は300ml/1h、連続使用約13時間の超音波式アロマ加湿器です。4Lの大容量水タンクを採用し、タンクには取っ手付きで持ち運びに便利…

拡大画像を見る

 

アロマと超音波が合体し,お部屋のインテリアにもなるおしゃれなものもありますね

 

加湿もいいけど保湿もね

せっかく加湿して湿度も保てたのですが「ちょっと待ったぁ!」です。
その保たれている湿気は潤いにはなっていないんです。

 

肌はお部屋以上に乾燥しています。
加湿して適度な湿度になったら,肌は保湿しなくてはいけません。
その保湿を助けるのが化粧水です!

30代から始めるうるおいスキンケア

 

そうです,人は25歳くらいをピークに,その後は老化し始めます。
そうなったら加湿器で保湿なんて言ってられません!

 
そうなる前に対処してくださいね〜
あ,男性も同じですよ。

アンチエイジングは30代からスタートです。

 

003

 

また,女性はお化粧しますよね。

 
その時,お化粧に潤いを奪われていることもあるんです。

 
潤いを奪われないため,化粧水の「前」に使う美容液。今お使いの化粧水がぐんぐん浸透

そうなんです。

これが大事ですよね!

結論として

加湿器の話が美容液に飛んじゃいましたが,冬場になると乾燥で病気だけでなく,老化も早めてしまいますので,どちらにも気を使っていかなければいけないってことですね。

 

 

かくいう管理人も加湿器をメンテせずに放っていたら,水がかび臭くなってしまいました・・・・新しく購入せねば(´ε`;)

気になる記事

(最終更新:2015年11月13日)