シン・ゴジラを観た!ゴジラは何にも悪いことやっていないのに

シン・ゴジラを観た!ゴジラは何にも悪いことやっていないのに

シン・ゴジラ(GODZILLA Resurgence)をようやく観た。前評判もいいということで,ネタバレ記事は読まずに観に行った。

まず感想は,素晴らしいCG作品で,作り込んでるという実感です。

観ていて実写に見えるほどの出来で,すごい迫力で,さすが庵野秀明監督は素晴らしいと思います。

しかし,観終えてふと疑問が出てきました「ん?ゴジラって悪いことをしたの?」と思えたのです。

ココから先はネタバレがありますので,映画を観に行かれる方はご注意下さい

ゴジラが来るぞ

開始早々に不気味なムードで事態が起きる。

展開はわりと早く,すぐにゴジラの存在が明かされる。

多摩川河口から蒲田に上陸したゴジラ。

おそらくゴジラを知っている人の多くは「何?このゴジラ・・・目玉が変じゃない?・・・というか動きがおかしくない?」と,心がわさわさしてくる。

一気に進化していくゴジラ・・・

いったん相模トラフに身を隠し,今度は鎌倉から上陸だ。

大きさが一気に倍以上に進化している。

このおどろおどろしさの迫力は画面に釘付けになる。

ミサイル攻撃などの自衛隊の総攻撃にも倒れないゴジラ。

もはや人間の力はここが限界なのか・・・・

「巨大不明生物特設災害対策本部」通称 巨災対が設置され,最終的に血液凝固剤で活動を止めるプランを立てた。

しかし国連は熱核攻撃を決議し,ゴジラを止めるためには日本国が被爆することを辞さないという極限状態!

唯一の被爆国である日本が三度目の核の危険に晒される。

このピンチを救うべく日米が手を組んで血液凝固剤経口投与作戦(ヤシオリ作戦)にあたる

さて,結末はいかに・・・

首都機能が停止する

Godzilla2

画像引用元

これは何らかの災害で首都機能が停止した場合,日本が生き延びるためにはどうすればよいのかを描いたもの,あるいは何らかの外敵が攻め込んできた場合,日本国だけで国を守る事を短時間で決断し実行しなくてはいけなくなった時,どうするのかを考えなければならないといったことを描いている作品だということでしょうか。

首都直下地震が発生し,多数の犠牲者が出て,政府機関も停止し,閣僚たちが指揮を取れなくなった場合などを想像してしまう。

ビルは崩壊し,公共交通は寸断され,車による移動も渋滞で身動きすら取れない。

映画では放射能の影響があるため地上にいては危険ということから地下鉄構内に誘導されるが,そこで停電となるともうパニック状態だ。

まして地下鉄駅構内に水の浸水などが起きれば・・・・・

地獄絵図そのものを想像できる。

庵野秀明監督はこういった事態を「ゴジラ」という巨大生物に置き換えただけなのかもしれないが・・・・

また,原発による放射性物質被害や,核攻撃の恐怖に晒された時,日本としてどう対処すべきかなどの問題提起なのかもしれません。

しかし,ゴジラは悪いのか?

walkinggodzilla

ストーリーではゴジラは核廃棄物を餌にして生き延びた生物が,身体の中に核融合できる原子炉的な器官を有し成長していく。

胃酸の中で行きれる生物はいないと言っていたにもかかわらず「ピロリ菌」が生息していたように,生物として「あるかもしれない」進化です。

そうやって生まれたゴジラはたまたま太平洋を泳いでいてたまたま東京湾に現れ,たまたま上陸し,歩いていただけなんです。

ホントに歩いていただけなのです。

別に人間に被害を加えようとしたわけでもなく,歩いていただけです。

結果として建物が倒壊したり,交通機関が踏み潰されただけです。

ただ単に歩いていただけなのに人間からボコボコに総攻撃され,挙句の果てに固められてしまって・・・

たしかに人間が人的にも経済的にも被害に遭うということは良くないことではありますし,そういった存在があるということは,人間にとって脅威であり敵なのかもしれませんが,なんだかチョットやるせない気持ちになりました。

何やかや云っても,地球に一番悪影響を与えているのは人間なのかもしれないと,つくづく思わされた映画でした。

ゴジラ・・・・歩いていただけなのに・・・・・ねぇ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

気になる記事