ドローンで空撮は出来るの?改正航空法が施行

ドローンで空撮は出来るの?改正航空法が施行

drone2

12月10日ドローンの飛行ルールを定めた改正航空法が施行されました

夜間や、人口密集地の上空での飛行は原則禁止となり,飛ばすためには国の許可・承認が必要になります

今や「空の産業革命」と云われ,災害支援,救急活動,荷物配送,農林業,建築など数え上げたらきりがない

しかし,一般の人たちは空撮を楽しみたいという方が多いのではないだろうか

ドローンの定義は

無人で遠隔操作・自動操縦で飛ぶ航空機をドローンと定義している

重さ200g未満のおもちゃは対象外としている

また,有人機が飛ぶ高さ150m以上の空域や空港周辺、目が届かない範囲での飛行も原則禁止となる

人や建造物に対して30m以上の距離を保って飛行しなければならない

 

ドローンで懸念される事

doronekusatu

ドローンで懸念されることの一番は武器としての使用でしょうか

しかし,これは個人が意識して懸念すべき内容ではないと思えます

あくまで,戦争という愚かな行為に対しての懸念でしょう

やはり身近な懸念は事件と事故でしょう

事件は盗撮のような犯罪から,武器と被るところはあるが,遠隔操作での暴力行為,薬物の取引,機密情報の撮影など,今まで手が届かなかったところに対して犯罪者がアプローチできてしまうということが怖いところですね

事故となると,これはもう単純な操作ミスや,慣れていないことによる墜落事故などが考えられます

これは規制による技術開発の遅れなどの懸念もあるが,事故を起こしては何もなりません

やはり許可制・免許制・届出制などの法整備は必要になるのではないでしょうか

日本における今後のドローン

日本では首相官邸ドローン事件や,少年による浅草ドローン事件などのマイナスイメージが定着していますね

しかし,テレビで山や川・海などの迫力ある撮影は殆どがドローンによるものです

感動を与えられる映像を共有できるといった点においては必要なものと考えます

 

 

また,実際に救命活動や地震などの災害時活動などの重要な任務にもドローンは利用できるわけです

世界の趨勢(すうせい)がドローン開発に力を入れています
もちろん,日本の企業や大学レベルでも活用方法を研究開発しています
安全で平和的な開発を期待します

有人での飛行も研究・実験されています
有人になればドローンの定義とは外れてしまいますが,技術として今後は必要になると考えます

いずれは「タケコプター」が開発されてくるのではないでしょうか

takecopter

ドラえもんの世界が一歩近づいてくる可能性を秘めていますね

Nine Eagles Galaxy Visitor 6 PRO

Nine Eagles Galaxy Visitor 6 PRO RTFキット ホワイト NE201952 [日本正規品]

200g以下で国内正規品の高性能ドローンですね

 

エントリーモデルです

NE201892 GALAXY VISITOR6 グリーン [日本正規品]

Parrot Bebop Dorone

ドローンといえばParrotですね

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター スカイコントローラーセット (レッド)

parrot1

control

 

もう少し悩んでみたい方は特設ステージへどうぞ
特設ステージ・ドローン選びでお悩み下さい

気になる記事