便利なもの

便利なものやグッズを紹介します

ハンドスピナーで遊んでみたら意外とオモシロイと思った3つのこと
巷で話題になっているハンドスピナーで遊んでみると意外と癖になるものです。 Fidget Spiners(フィジェットスピナー)とかHand Spiners(ハンドスピナー)と云われているヤツです。 ただ単に回転させるだけのおもちゃですが,手遊びとして楽しいのです。 2〜300円のものから2,000円以上するものまである...
最近街でよく見かけるリュック anelloにMacBookを入れて持ち歩く
最近,街でよく見かけるバッグブランドがanelloです。 もしかしたら「今,日本で一番良く目にするリュック」かもしれません。 見た目も派手さはないのですが,どこか気になる感じがするのはanelloブランドの意図したところかもしれません。 MacBookなどのノートパソコンがはいる大きさの口金リュックサックはなかなかオシ...
Amazonプライムとはプライムビデオだけでも会員になったメリットがある
Amazonプライム会員3,900円が,初回年会費2,900円と1,000円安くなっていたので申し込みました。 これは月割りすると3,900円でもジュース3本分で得をする,2,900円ということはジュース2本分でかなりメリットがあるということです。 買い物時に2,000円以下でも送料無料というメリットもあるし,ビデオラ...
シン・ゴジラを観た!ゴジラは何にも悪いことやっていないのに
シン・ゴジラ(GODZILLA Resurgence)をようやく観た。前評判もいいということで,ネタバレ記事は読まずに観に行った。 まず感想は,素晴らしいCG作品で,作り込んでるという実感です。 観ていて実写に見えるほどの出来で,すごい迫力で,さすが庵野秀明監督は素晴らしいと思います。 しかし,観終えてふと疑問が出てき...
2ヶ月で100を切る!半信半疑 今度はゴルフにコミットするRIZAP
今やRIZAP(ライザップ)といえばダイエットの代名詞のようになっているが,今度はゴルフのスコアにコミットしている。 「たった2ヶ月でスコア100を切る」とかなり挑戦的なキャッチコピーでパーソナルゴルフトレーニングメソッドを行っている。 関東圏だけではない 現在東京に3店舗,福岡,大阪に各1店舗で計5店舗がでRIZAP...
歩きポケモンGOを防ぎ,スカウター感覚でカッコいいヘッドマウントディスプレイ
ポケモンGOでプレイする時の歩きスマホが問題になっていますが,米VUFINE社製ヘッドマウントディスプレイ「Vufine(ビューファイン)」を利用すれば事故の心配が少なくなる可能性がありますね。 なんだかドラゴンボールのスカウターのような雰囲気だ パッと見はドラゴンボールのスカウターのようでチョットカッコいいww この...
2016年ヒューロムスロージューサーH-AAはH2Hとココが違う
低速ジューサーのヒューロムからスロージューサーの低温圧縮式コールドプレスジューサーの2016年モデルが登場した 製品名はヒューロムジューサーH-AA(ピカイチ野菜くんで販売)です H-AAが他のスロージューサー(シャープヘルシオなど)とくれべて優れているのは何処なのか? 前回モデルH2HとH-AAと比べてどこが変わった...
2016年もっとも新しい水素水は持ち歩くのに便利なドリップ式水素水タンブラー
水素水は飲んでおきたいけれど携行して持ち歩くには不便ですね 職場や外出先でチョット飲みたいと思っても水素水の自販機はないし,パウチや缶を持ち歩くと云ってもかさばるし,何より重い 自宅に水素水サーバーがあっても持ち歩いているうちに溶存水素濃度は殆ど”0”ppmになってしまう そこで出てきたのがタンブラータイプでドリップ式...
車を持たなくても大丈夫 タイムズ・カープラスでカーシェアリングを利用してみた
カーシェアリングが日本に入ってきたのが2010年頃だが,当初はあまり普及はしていない しかし,駐車場のタイムズが参入してからは利用者も増えてきた それも急激に増えている 業界1位はタイムズカープラス,次いでオリックスカーシェア,カレコ・カーシェアリング・プラスとなっている 車は年間でどのくらいの維持費がかかるのか 車を...
バイタミックスとダネッツどちらを選ぶ?比較しました
ブレンダーといえばバイタミックスというのが定番のように云われていますが,最近は他メーカー,特にダネッツと比較する方が多くなったようだ ブレンダーはハイパワーが命であるということからすると比較になって然りだと思います では実際どちらに軍配が上がるのでしょうか?2製品を比較してみました Vitamix 特徴 通常の家庭用ミ...
ドローンで空撮は出来るの?改正航空法が施行
12月10日ドローンの飛行ルールを定めた改正航空法が施行されました 夜間や、人口密集地の上空での飛行は原則禁止となり,飛ばすためには国の許可・承認が必要になります 今や「空の産業革命」と云われ,災害支援,救急活動,荷物配送,農林業,建築など数え上げたらきりがない しかし,一般の人たちは空撮を楽しみたいという方が多いので...