スマートスピーカーは自分の情報をサーバーにさらけ出す・・コレって怖くないですか?

スマートスピーカーは自分の情報をサーバーにさらけ出す・・コレって怖くないですか?

2017年はスマートスピーカー元年と言われています。

Apple HomePodは2018年初旬にずれ込むということですが、Google Home,Clova WAVE(LINE),Amazon Echo,LF-S50G(SONY)と、目白押しです。

クリスマス商戦に向かって各社とも販売に注力していくことでしょう。

と、同時にスマートスピーカーに喋りかけるということはアナタの情報を世界中のサーバーへ流出させているということではないでしょうか?

サーバーの中のAIが世界の人々の情報を溜めていき、やがてくるAIによる人間支配の礎になる・・・

と、進化していけば怖いのですが、今は純然と便利なので利用してみたいという興味のほうが勝ってしまいそうです。

Google Home

「OK,Google」と話しかけるとGoogleアシスタントが即座に答えを返してくれます。

SpotifyやGoogle Play Musicを通じて音楽を流したり、いろんな疑問点を質問したり、Google Calendarで予定、各メディアを通じてニュースなどの情報を答えてくれます。

Chromecastと連携してストリーミングでVODを再生します。

もちろんスマート家電とも相性が良い、優れた機能を持ったスマートスピーカーです。

Clova WAVE

AIのClovaが答えてくれるスマートスピーカーで、「癒やしの音楽を流して」「おすすめの曲を流して」などとリクエストすればLINE MUSICを呼び出し、楽曲を流し、音量調整や曲の先送りなどを音声で行えます。

LINEを送ったり、読んだり天気やニュースなどももちろん教えてくれます。

スマート家電にも対応していますので、電気の点灯、消灯なども行えます。

もちろん対応家電でないと行えませんが・・・

Amazon Echo

AIはAlexaを搭載しており「Alexa(アレクサ)」と話しかけると、Amazon Musicによる音楽の再生、天気やニュース、クックパッドによるレシピの読み上げなど簡単に音声操作できます。

AIにより話せば話すほど語彙が増えていき、アナタの嗜好に合わせて答えるようになります。

スマート家電にも対応していますが、これも他のスマートスピーカー同様、対応製品が少ないのは否めません。

LF-S50G(SONY)

Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーですので「OK,Google」でスタートです。

スピーカーの音質にこだわりがあるということですが、それ以外ならGoogle Homeでも良くない?って話ですよねww

Apple HomePod

Siriを搭載したApple HomePodも音質にはこだわりがあるということです。

7つのツィーターを搭載するスピーカー部分はかなりの高音質ということです。

チップがA8チップということで、今後のAppleを担うチップとしては少し旧いのではないでしょうか。

AI搭載って怖くないですか

AIにより学習することでユーザのニーズを理解し、先回りして情報を届けるというのは、今後当たり前になってくるとは思いますが、何でもかんでもスピーカーに話しかけるということはアナタの情報や行動をインターネット上の見たこともないサーバーへ蓄積させるということです。

これを犯罪に利用したら・・・恐ろしいことになります。

これから来るAIロボットの時代、2045年にはAIが人間の知能を超え、そのAIより優秀なAIロボットを、自らの意志で開発し、そのAIがまた優れたAIを開発し・・・・

そのうち、「知性」も持ち出す可能性すらあるといいます。

「感情」は持たないとは思いますが、学習により「感情に近い性能」は持ってくるかもしれません。

そうなればAI自ら「この人間はキライだ」「この人間は信用できる」など感情に似たの判断を行っていき、その人をDeleteするなんて世界になっていくかもしれません。

Googleが支配者になる

ここからは筆者の勝手な想像です。

GoogleはAI開発をどんどんと進めており、世界中のAIをネットワーク化することが狙いだといいます。

ということはGoogle AIの開発者だけが、彼らが作り上げたAIを制御できる術を持つことができるということになります。

ということは、AIが人間の知能を超える最後の一線を抑えることができるのはGoogleしかありえないのです。

逆に言えばGoogleが作り上げたAIをコントロールできるのが唯一Googleだけということであれば、Googleが世界をコントロールする力を手に入れることすらできるのです。

人間には「欲」があります。

もし、Googleのトップに「征服欲」を持った人が就くとすれば・・・あ〜恐ろしいですねぇ・・・

まとめとして

スマートスピーカーの話がとんでもない方向に飛躍してしまいましたww

「考えられないことはない」という程度の話ですので、気に留めないで下さい。

そんな怖い話は別にして、現状スマートスピーカーにはかなり興味があります。

スマホやパソコンを起動せずにスマートスピーカーに話しかけることで、

音楽を流したり、電源を入れたり、情報を取得したりできるわけですから、便利じゃないですか?

現在アメリカではAmazon Echoがリードしているようですが、GoogleやAppleが追随していくと思われます。

日本ではGoogle Homeがかなり先行リードしているようです。これにClova WAVEがどこまで迫れるかということですが、Apple HhomePodが発売されたら、どうなるでしょうか。

Appleファンの私としてはApple HomePodに期待しています。

しかし、ネックは$350(日本円で約40,000円)という少し高い金額ですが、性能を見て検討したいなと思う今日このごろです。