ハンドスピナーで遊んでみたら意外とオモシロイと思った3つのこと

ハンドスピナーで遊んでみたら意外とオモシロイと思った3つのこと

巷で話題になっているハンドスピナーで遊んでみると意外と癖になるものです。

Fidget Spiners(フィジェットスピナー)とかHand Spiners(ハンドスピナー)と云われているヤツです。

ただ単に回転させるだけのおもちゃですが,手遊びとして楽しいのです。

2〜300円のものから2,000円以上するものまである。

遊んでみたものは600円程度のものです。

意外と飽きないのでオモシロイと思った

ハンドスピナーはただ指で弾いて回して遊ぶだけですが,中心にベアリング装着されていて,回転がいつまでも止まらないのです。

もう止まるだろう,と思いながらじっと見つめていてもなかなか止まらない。

ちょっとだけ楽しくなってくる。

この「ちょっとだけ」というところが,手遊び感覚での飽きがこないところなのかもしれません。

ホント,何でもないことですよ。

しかし,人間は元来 手遊びが好きなんだなと思えてくる瞬間なのです。

昔やった・・・今でもやっているが,ボールペン回しと同じ感覚になる。

意外と飽きがこないところがオモシロイ。

意外と集中力が上がるのでオモシロイと思った

回転しているところをじっと見つめていると,そこに視点が集中し,一瞬 頭の中が空っぽになる。

考え事をしていて整理がつかないときってありますよね。

いくつもの事が頭の中によぎっていくがまとまらない。

よぎっていくということはアイデアや考えはたくさん出てくるが,答えがまとまらないというだけなのです。

一旦 頭を空っぽにしようとしても,どこかに引っかかりがあるため空っぽにできない。

そんな時ハンドスピナーを回しじっと見つめると,一瞬ほんの一瞬「無」の感覚が生まれる。

そうです。頭を空っぽにできた瞬間,リセットできた瞬間です。

これにより集中力を上げることが出来るかもしれないと思えたところがオモシロイと思ったことです。

意外と癒やされるのでオモシロイと思った

じっと見ていると回転が止まらない。

「なんだかコイツ,ただ回転し続けるコトに頑張ってるな」感が出てくるのです。

「がんばれ〜〜〜」「止まるな〜〜」と,心の中で思う瞬間です。

そんな気持ちで見ているとなんだか癒やされてしまいます。

この癒され感がオモシロイと思ったことです。

構造を見てみると

2枚羽・3枚羽とありますが,中心にボールベアリングが入っており,遠心力で回転が止まらない単純な構造です。

購入したものは3枚羽でプラスチック素材の安物ですが,高いものは真鍮やステンレスなどが用いられています。

遊び方も色々

ただ回すだけでも良いのですが,やはり強者はいます。

 

ここまでになると手遊びではなくスポーツのようですね。

ここまでやろうとは思いませんが,遊び方も色々あるんですね。

まとめとして

何なんでしょうねこのハマる感覚・・・「面白い」とは思わないのですが「オモシロイ」という感覚,意味がわからないでしょうがけっこう不思議な感覚なんですね。

個人的に言えば,これは真剣にやるというより手遊びの延長でいいんじゃないかなと思います。

価格も安いし暇つぶし,ストレス解消,集中力アップになる・・・のかな。